全国宅配クリーニング 【せんたく便】

ドライクリーニング 種類

ドライクリーニングとは、水と洗剤で洗うのではなく、有機溶剤を使って洗う洗濯方法のことです。油は水に溶けないので、油脂系の汚れに対しては、油をよく溶かす有機溶剤を使うのが有効ということです。油脂系の汚れというと、食べ物をこぼした時などの汚れぐらいしか思い浮かばないかもしれませんが、実は皮脂や排気ガスなども油脂系の汚れに含まれるそうなので、油脂系汚れというのは意外と多いようです。

この有機溶剤とは、私たちの生活に身近なものでいうと、石油、灯油、ガソリンなどになります。ただし、これらを直接クリーニングに利用するのではなく、石油系溶剤(クリーニングソルベント)、もしくは塩素系溶剤(パークロロエチレン)という形で使用するんだそうです。

ドライクリーニングの利点は、水を使わないので色落ちや型崩れなどの心配が比較的少ないということですが、その中でも石油系溶剤は洗浄力が特にマイルドなので、特にデリケートな衣料の洗濯に適しているそうです。このため衣料品の洗濯表示でも、特にやさしく洗う必要のあるものには、ドライ・セキユ系と指定してあることが多いです。

石油系ドライクリーニング

ドライクリーニングの中でも特にデリケートな衣類に対応したものが石油系ドライクリーニングなのですが、衣料品によっては、セキユ系ドライクリーニングのマークと、水洗いのマークが両方付いている場合があります。この場合にはどちらも可能と言うことになりますので、落としたい汚れが水溶性の汚れなのか、油脂系の汚れなのかを見極める必要があります。

水で洗うよりもドライクリーニングの方が汚れが良く落ちるのだと勘違いしがちですが、ドライクリーニングの方が適している非水溶性の汚れ、水で洗う方が適している水溶性の汚れがありますので、適切な方を選ぶようにしてください。クリーニング店に任せれば、洗濯表示を確認の上で、一番適した洗濯方法で洗ってくれますので、プロに任せるのが一番安心だといえます。

ドライクリーニング 洗濯機

最近の洗濯機のはドライコースという機能が付いていると思います。ただし、これはクリーニング店が行うドライクリーニングとは全く異なるもので、洗濯層を強く回さずに、弱い水流で、短時間で水洗いするコースのことです。ドライコースだから家庭用の洗濯機でも油脂系の汚れが落とせるという訳ではなく、通常よりもやさしく洗える水洗いというだけのことです。

ドライコースを利用される場合には、通常の洗濯洗剤ではなく、おしゃれ着用とかドライ衣料専用などと 書かれた洗剤を使用する方がよいそうです。ただし、セキユ系ドライのみと指定された衣料品は、洗濯機での水洗いはできませんので、必ずクリーニングに出すようにしてください。

クリーニングに出すのは面倒だと思われるかもしれませんが、最近では宅配クリーニングというサービスがあり、洗濯物をご自宅まで取りに来てもらえて、しかも指定日時に仕上がり品を届けてもらえますので、手間はほとんどかからないそうですよ。

全国宅配クリーニング 【せんたく便】
 



【プロフィール】

© 2018 宅配 クリーニング rss